不倫に関する証拠

1 不倫の証明のための証拠

 不倫の慰謝料を裁判で請求する場合には,不貞行為があったこと,不貞行為によって請求者に損害が発生したこととその損害額を裁判で主張し,相手方が事実を認めなければ,その事実が証拠によって認められる必要があります。
 つまり,主張が証拠によって認められなければ,希望通りの請求は認められませんので,不貞行為があったことを立証できる証拠をどれだけ集められるかが重要です。

2 強い証拠の収集が重要

 一つの証拠だけで立証できなくとも,いくつかの証拠を組み合わせることで,不貞行為があったことを立証することは可能ですが,証拠の中にも,不貞行為を立証するのにどのくらい役立つか,その強さが異なるものがあります。
 したがって,立証に役立つ強い証拠を集めることが重要です。

3 不倫の証拠の具体例

 最近であれば,不貞行為をしている側の携帯電話のメール履歴やLINEなどを保存されている方が多いと思われます。
 会話内容や通話履歴は,もちろん証拠として保管して頂いた方が良いのは確かですが,そこからストレートに不貞行為があったことが認められるような会話内容というのはあまりありません。
 むしろ,会話の経緯が,他の証拠と組み合わさることで,不貞行為の存在を裏付けるという役立ち方をすることが多いと思われます。
 特に不貞行為の存在を立証するために役立つ証拠は,やはり不貞行為の現場をおさえた写真や動画です(なかなかそのような証拠はないでしょうが)。
 また,調査会社等に依頼して,不貞現場を報告してもらった報告書などがあれば,不貞行為を立証するのに大きく役立ちます。
 さらに,不貞相手や不貞をした配偶者の,不貞行為を認める書面や発言を録音した記録なども,不貞行為があったことを推認させる強い証拠になり得ます。

PageTop