不倫の慰謝料について弁護士に依頼するメリット

1 不倫の慰謝料とは

 不倫をされた方が,不倫をしてしまった方に対して,不倫の慰謝料を請求する場合,その額がいくらになるかは重大な関心事でしょう。
 不倫の慰謝料請求は,法律上は,不法行為に基づく損害賠償(民法第709条)の規定に基づいて請求が行われます。
 平たく言えば,不倫という不法行為をされたことによって被った精神的苦痛を慰謝する金銭を,不倫をした一方配偶者ないし不倫相手に対して,請求するというものです。

2 不倫の慰謝料についての裁判所の判断

 ご自身が,不倫をされたと思った場合でも,裁判所が不倫の慰謝料を常に認めてくれるとは限りません。
 裁判所は,ある事実が存在するか否かの認定,たとえば不倫の事実があったか否かの認定を,当事者の行う主張と当事者が提出する証拠によって行っています。
 ですので,不倫の慰謝料請求が正当であると裁判所に認めてもらうためには,適切な主張を行い,適切な証拠を提出することが必要です。

3 不倫の慰謝料の交渉は難航しやすい

 不倫の慰謝料については,なるべく弁護士などに相談せず自分たちで解決しようと考える方もいらっしゃいます。
 しかし,不倫の慰謝料の請求先には,不倫をした一方配偶者だけでなく不倫相手も含まれることがある,という特殊性があります。
 したがって,不倫をした一方配偶者が自分の不倫行為を認めている場合でも,不倫相手がこれを全く認めない,といった状況は多く存在しています。
 このような場合に,個人での交渉は難航することが予想されますし,なにより,ご自身で不倫相手と連絡を取り合って交渉を行っていくということは,心労はかり知れないことかと思います。

4 婚姻関係破綻

 婚姻関係破綻という言葉を聞いたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。
 婚姻関係が破綻した後になされた不倫行為は,法律上は慰謝料を発生させるものではないとされています。
 婚姻関係が破綻しているか否かということは裁判所による評価を含むものですので,この点が争われることも多いのですが,一般の方にとっては馴染みのないものであるため,立証活動には相応の苦労を伴うかもしれません。

5 不倫の慰謝料について弁護士に依頼するメリット

 以上のとおり,不倫の慰謝料について,ご自身で請求や対応をしていくことは困難な面が大きいと思われます。
 不倫で悩んでいる方が,慰謝料についての様々な問題に直面し,さらに頭を抱え込んでしまうことのないよう,不倫の慰謝料に強い弁護士に相談して,解決の方向を一緒に考えていくことが重要です。

PageTop